スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
小林賢太郎ソロコント「THE SPOT」DVD化!そして、KKP#8「うるう」公演決定!
約1年ぶりの更新です!
ほぼ、自分の備忘録的な感じでやってるブログなんで、対して影響ないですけどねw

この1年間いろんなことがありました~。
そんな中でも、しっかりラーメンズしてましたけどね!

春には、小林さんのソロコント「THE SPOT」を見に行きました。
内容は、以前に見た、「SPOT」と似ていましたが、
やはり何度見ても面白いです^^

また、近年は、もう小林賢太郎は公演のDVD化をしないのではないか、
という噂がちらほらあり、
昨年見に行ったKKP#7「ロールシャッハ」や、今回の「THE SPOT」も
DVD化の可能性は低いと言われていて、
非常にがっかりしていました。

しかし!
なんと「THE SPOT」がDVD化されることが決定したのです!
やったー!
発売予定日は12月21日で、アマゾンでは既に予約開始しています。
この調子で、ロールシャッハも映像化してくださるといいですね!

しかも、今年の末には、なんとKKP#8「うるう」の公演が予定されています!
「THE SPOT」を見た方は覚えているかもしれませんが、
この「うるう」の一部をコント化した、「うるうびと」というコントがありましたね。
切なくも不思議な感じのコントでした。

今から楽しみで楽しみで仕方ありません!^^
FC2 Management
2011-10-25 11:20 | DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
ロールシャッハ見てきた!!

昨日、10月14日(木)19時より、下北沢本多劇場にて、
かねて楽しみにしていた小林賢太郎プロデュース第7弾、
「ロールシャッハ」についに行ってきました!

いやぁ本当にすばらしい!!
改めて小林賢太郎という天才がいることを思い知らされました!

他の出演者の方もとてもすばらしい演技でした。
大好きな久ヶ沢さんはあいかわらずな筋肉バカ、いや、バカ筋肉っぷりでしたw
オレンヂ改め辻本さんも、あいかわらずの低身長キャラを発揮していましたねww

竹井さんは小林賢太郎テレビでちらっと見たことがあっただけだったので、
どのような演技をされるのかあまり分からなかったのですが、
今回の役柄はとてもぴったりで、おもしろかったし、いい雰囲気だしてました^^

最後は小林賢太郎らしい観客をハッとさせる演出で、本当に感動させてもらいました。
まだ公演中で、ネタバレになるといけないので多くは語りません。

早くも映像化が待ち遠しいです♪
2010-10-15 22:16 | DIARY | Comment(0) | Trackback(1)
KKP第7回公演「ロールシャッハ」チケットゲット

少し前になりますが、小林賢太郎プロデュース第7作品目になる、「ロールシャッハ」の舞台のチケットがプレオーダーにて当選しました!

今から待ち遠しいです^^




ここで精神医学者ロールシャッハについてウィキペディアより。

ヘルマン・ロールシャッハ(Hermann Rorschach 1884年11月8日 - 1922年4月2日)はスイスの精神医学者。チューリッヒ生まれ。父親は画家であった。精神分析に興味を持っており、ロールシャッハテストを考案した。

ロールシャッハ・テスト(英: Rorschach test, Rorschach inkblot test)は、投影法に分類される性格検査の代表的な方法のひとつである。被験者にインクのしみを見せ、それから何を想像するかによって人格を分析しようとしたもの。スイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハによって1921年に考案された。ロールシャッハ法、ロールシャッハ検査、ロールシャッハ検査法などとも呼ばれる。

テストには、紙の上にインクを落とし、それを2つ折りにして広げることにより作成されたほぼ左右対称の図版を持つカード(ロールシャッハ・カード)が用いられる。このような図版は原理的には簡単に作成できるものであるが、現在でもロールシャッハによって作成されたものが用いられている。カードは10枚1組で、無彩色のカードと有彩色のカードがそれぞれ5枚ずつ含まれる。各カードは約17cm x 24cmの大きさを持つ。
テストは、被験者にカードを1枚ずつ示し、まず、カードのしみが何に見えるのかを自由に回答させ(自由反応段階)、次に質疑を行って、どこにどのように見えたかなどを聴取する(質疑段階)。この課程で、反応時間、カードの向き、反応内容(何に見えたか)、反応領域(どこが見えたか)、決定因(どのような特徴から見えたのか)が記録される。
投影法一般について言えることではあるが、ロールシャッハ・テストは、被験者にとって、どのように反応するとどのように分析されるかが分かりにくいため、回答を意識的に操作する反応歪曲が起きにくく、無意識な心理の分析が可能であるとされる。また、回答結果の分析に高度な技術を要する点が短所とされるが、ロールシャッハ・テストは1920年代に開発されて以来、長年にわたって広く用いられており、テストへの反応と分析のデータベース化が進んでいるため、統計的な評価もある程度可能になっている。
しかしロールシャッハテストは、MMPIやMINIなどと比べて妥当性・信頼性が低く、1回のテストに分析を含めて長い時間を要する効率の悪さから、その有用性に疑問が持たれている。




小林賢太郎さんのHPでも舞台の概要について述べられていますので参考に↓
小林賢太郎のしごと message

2010-09-08 13:53 | DIARY | Comment(0) | Trackback(0)
片桐出演舞台「ー初恋」

明日、6月4日より公開の舞台「ー初恋」には片桐さんが出演しています。

そのインタビュー動画があったので公開。



詳細は↓
『ー初恋』コメント



2010-06-03 10:51 | YOUTUBE | Comment(0) | Trackback(1)
KKP#6「TRIUMPH」
K.K.P.♯6『TRIUMPH』 [DVD]K.K.P.♯6『TRIUMPH』 [DVD]
(2010/02/17)
小林賢太郎YUSHI

商品詳細を見る




「“誰かになんとかしてもらえる”なんて考えてるヤツは、
                     誰にもなんにもしてやれないんだよ。」


無気力、無関心、無職。「可もなく不可もない存在」である青年カフカ。
からっぽの生活を送る彼の元に、突然「魔法使いの使いの者」がやってきて、
3日間で魔法使いになることに。
果たして彼は、トライアンフ=大成功を収めることができるのか!?
小林賢太郎が送る、3人の役者と1人のマジシャンによる不思議な舞台。
ご家族でどうぞ。




[出演]
YUSHI
犬飼若博
森谷ふみ
小林賢太郎

[感想]
今作品は、まるでマジックショーをみているかのよう、また、ミュージカルをみているかのような作品でした!マジシャンのYUSHIという方は、知らなかったのですが、とってもなめらかな手さばきで手品をやられていました。自身マジック好きの小林さんらしい舞台で、きっと本人も楽しみながら演じていたのではないでしょうか。KKPではおなじみの、犬飼さんと森谷さんも「魔法使いの使い」の役柄を楽しそうに演じていて、面白かったです。犬飼さんなんかものすごい汗だくで演じてましたからね 笑

ブルーレイ版もあります。
2010-03-10 11:59 | DVD | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。